はい、こんにちは。
IKUTAです。
さてさて、第3回マーク模試 数学ⅠAを振り返ってみようと思います。

第1問
[1]数と式
(1)対称式などの利用
(2)問題の定理を用いて解く。ともに基本問題です。
[2]集合と命題
(1)図を選ぶ問題。ルートの2乗は、絶対値がつくことを忘れないようにしてください。
(2)セはうっかり間違えてしまうかもしれません。
[3]2次関数
Yがaの上に凸の2次関数となる。最後は解の配置の問題でいずれも基本問題です。

第2問
[1]図形と三角比
正弦定理と余弦定理を用いる問題です。内接四角形の内対角の和が180度になることを用いて解くの。図を書けば面積比も解きやすいです。
[2]データの分析
(1)表のデータを書き直せば解けます。少し時間はかかります。
(2)(3)正誤問題です。かなり時間がかかります。
このタイプは時間ががかかるので困りますね。時間がないときは後に回します。
(4)単なる計算ですが…。
ナは解いてほしいです。ニは時間があれば解けますが…。

第3問(確率)
アからクは基本問題です。
(1)箱から取り出し、次に袋から取り出す。掛け算すれば求まります。
条件付き確率も分母が同じなので比較しやすいです。
(2)学習の手引きにはキチンと書いてあります。直感的に掛け算をして求めても良いでしょう。学習の手引きの事象Gがすべてに絡んでいるところがポイントです。

第4問(整数)
(1)
( ⅰ )アは一桁の整数なので代入していけば求まります。書いてなければ175=29×6+1を用いて解きます。
センターでは要領よく求めましょう。あとは2式ならべて引くだけです。
( ⅱ )( ⅰ )より、 X=29k+1なのでkの値を絞り込みます。
(2)
( ⅰ )10進法で4は、4進法ては10。
10進法て4の二乗は、4進法ては100。
これを用いれば解けます。
( ⅱ )循環小数などの知識があると解きやすい。10進法と4進法の数の対応を考えて解けます。
( ⅲ )時間的にもかなり厳しい問題です。

第5問(平面幾何)
(1)方べきの定理を用いてと書いてありますので解きやすいです。図をある程度正確に書くことが重要です。内角Bを共有する2つの三角形が見つかればメネラウスの定理がうかんできます。
(2)オイラーの定理(オイラーの多面体の定理)
名前だけでビックリしてしまった受験生も多いと思います。本問は単に代入するだけなので怖がらないで解いてみてください。頂点に集まる正多角形の数が書いてあるので慎重に計算するだけです。
初めて見る問題は難しく感じます。でも出題者は解いてほしいから出題しています。よく読んでトライしましょう。

<マーク模試を解いて思ったこと>
数学ⅠAは日頃あまり学習していない集合と論理やデータの分析や整数や平面幾何などが出題されます。なかなか得点しづらいところです。ある程度の失点は仕方がないと思います。解ける問題で失点しないように集中して問題を解いてください。

<今回の模試で解きずらかった問題>
第1問
[2]セ−2点
第2問
[2]チとツ合わせて−4点、テとト−3点、二−2点
第3問
テトナ−3点
第4問
ナニ−2点、ヌネノハ−2点、ヒフ−3点
第5問
セソタチツテ合わせて−3点

目標点
第3問・第4問選択79点
第3問・第5問選択83点
第4問・第5問選択79点

ちょっと目標点が高いと思います。もう少し失点してしまう設問があると思います。あくまでも目標です。数学ⅠAは90点以上得点するのがかなり難しい科目だと思います。それでも高得点をとる受験生はおります。ある程度の慣れは必要ですから、特に高得点が必要な受験生は、黒本やセンター本試験などを用いてしっかりと練習してください。

僕と仲間たちが教える予備校のLINEアカウントを作成しました。
ぜひ友だち追加してください★
友だち追加