第2回マーク模試が終わりました。
いかがでしたでしょうか?
さっそく数学ⅠA講評をしていきます。

第1問
[1]数と式
(1)因数分解 易しい。
(2)数直線を書けば易しい。

[2]論理
(1)または、かつの否定は知らないといけないですね。
(2)対偶も知らないといけないです。
(3)具体例に従ってあてはめればわかります。
(4)手引きの解答も良いですが図形と式の知識があれば、mn平面にqまたはrとpを図示すれば容易にわかりますね。

[3]2次関数
下に凸の2次関数で軸の位置を考えればx=-1で最大とわかります。
0≦a≦2の範囲で3つの値をグラフに書けば大小はすぐにわかります。2a+1は2次関数のa=2における接線ですね。
Lを計算すればあとは易しい問題ですね。

第2問
[1]三角比と図形
ADを求めるところまでは易しいです。四角形ABCEの面積は図形がきっちり書ければ解けそうですが、時間内では厳しいですよね。三角形ABCの面積を求めているからそれを用いて、三角形ACEの面積を求めればよいことがわかります。
[2]データの整理
(1)(2)データをしっかり見て解きたい。
(3)平均と分散の計算ですが…時間と勝負ですね。
(4)相関係数について代入して計算するだけですが、面倒だったでしょう。

第3問
確率
(1)(2)落ち着いて計算すれば解ける問題です。
(3)4回以内で終了する確率は前問利用を考えれば解ける。
最後の設問は条件付き確率で時間的には難しいでしょう。

第4問
整数
(1)代入するだけです。
(2)具体的に代入すると余りは0,1,2,4しかない。
学習の手引きではきっちり解いていますがマークシートなら代入でいいですよね。
最後の設問は学習の手引きのように表にすれば分かりやすいですね。

第5問
平面幾何
方べきの定理やメネラウスの定理を用いてほしいと誘導しています。キチンと乗って解きましょう。最後の設問は図形的に気づかなくては解けないところがあるので難しいですね。

全体的には良い出題だったと思います。

[解きずらい問題]
第1問:ス(3点)
第2問:サシスセ(3点)ツ(2点)テ(2点)
第3問:チツテト(2点)ナニヌ(3点)
第4問:ス(3点)セソ(2点)
第5問:シ(3点)スセソタ(3点)

必答問題50点
選択問題:第3問15点、第4問15点、第5問14点

目標点数79〜80点
上記の解きずらい問題の中から、数題を来年1月までに解けるようにしたいです。センター本試験は目標は93点です。
もう一度解き直して間違えたところを確認してください!