こんにちはIKUTAです。
予備校のテキストはどのように活用していますか?
予備校の評価の1つはテキストです。総力をあげて実力が付くように作られているはずです。
学ぶ価値のある素晴らしいテキストで勉強している事が前提です。

夏の学習では、復習が一番大切だと以前言いました。
毎日真剣に取り組んできたテキストの復習が最重要課題だと思います。復習の計画はキッチリと立ててくださいね。
よく、「復習を何回やればいいですか?」と質問されますが、2回とか3回とか回数に答えはないと思っています。
じっくりと分かるまで繰り返すことが必要です。理解して覚えて次に進む。この繰り返しだと思います。
授業では「シナリオを話せるように」と伝えています。問題にはテーマがあり基本事項やその考え方など様々な要素が組み込まれています。
シナリオすなわち問題ごとのストーリーを理解して覚えないとひらめきや直感も育たないと考えています。
物理的な時間はありますが、理解して覚えるまで考えましょう。
学習計画ですが夏期講習など授業の入ってない期間の勉強が最大の学習量と考えて英数理のバランスを取ります。
ある程度均等に学習して欲しいですが多少のバラツキは出ますね。
夏期講習などを利用する期間の学習が難しいです。夏期テキストの予習と復習があるので、一日中、1学期の復習をする事ができません。
そこで、7月中旬から8月末までの総時間を各教科に割り振り、1科目あたりの総時間数を決めて欲しいです。
夏の期間は苦手克服や得意科目を伸ばすなど目標を定めてキッチリと進めて行きましょう。
数学は問題を見て解答へのアプローチなどシナリオを話せるようにしてほしいといつも話しています。授業では単語帳より少し大きめのカードを用意して、その表面に問題を書くかコピーして貼り付け、裏面に解答を書く。このカードを用いて問題を解いて行く。
完全に解けたらパーフェクトボックスにしまい、疑問など残ったらリトライボックスにしまう。全部パーフェクトボックスに入ったら取り出して、バラバラにして繰り返すことを伝えています。

どのような方法でも良いから完全復習をお願いしますね!
普段習っている先生や他の先生いらっしゃいます。質問など行って疑問を解決しましょう。
医学専門予備校などに通っている方は個別など比較的とりやすいと思うので上手く活用してほしいですね。
あくまでも1学期の復習が第一ですからね。