こんにちは。IKUTAです。

さてさて、今日は、以下のテーマで書いて行きます!!

「今の自分の力を見てみよう!」

私立医学部入試の、数学入試は、制限時間が厳しいです。
この厳しさを感じてみましょう。

予備校へ通っている受験生は赤本があると思いますので、赤本で過去問の中から、少し古い問題を解いてみましょう。
新しい年度の問題は過去問演習にとっておきたいので、今の時期は少し古い年度の物で構いません。

1つの例として、平成21年度(2009年)の東邦大学医学部の問題を解いてみましょう。
全部で10題の小問集合です。

(1)2次方程式 (2)場合の数 (3)三角比 (4)三角関数 (5)数列
(6)対数 (7)定積分 (8)ベクトル (9)行列 (10)微分法

問題の識別としては
(10)自然対数の底を…で始まる問題のセットです。
(9)は今の高校の過程では範囲外なので飛ばして9題を解いてください。

時間に注意しましょう。
制限時間は40分。(入試直前期は35分で。)

ここから先は解いてから見てくださいね。

解いてほしい問題:1,2,3,5,6,7
解けたらいい:4,8
時間がかかるので覚悟して解く:10

どれも難易度は高くない問題ですが、制限時間40分以内で解くとなると厳しいのではないでしょうか。

現状で意識すべきことは、「何題解けたではなくて時間を上手く使えたか」を重視して欲しいと思います。
どの問題にどれくらいの時間をかけて良いのか。
制限時間内での時間の使い方を学びましょう。

私立医学部の数学入試問題は、問題の難易度は高くなくとも、時間的に解答することが厳しい大学が多くありますので、日頃から時間の意識を習慣として行きましょう。

さて、今日はここまでにしておきます。

新動画を上げたいのですが、風邪をひいてしまい、声が出ないので治り次第あげる予定です。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ